首・肩の体操

このエントリーをはてなブックマークに追加

首まわりのストレッチ

施設写真

常に首まわりや肩・肩甲骨まわりの筋肉を柔らかくしておく事が大切です。立っておこなっても、座っておこなっても大丈夫です! 気が付いた時に動かす習慣をつけましょう。

首の前

指先で鎖骨の上を押さえながら、顎を突き出し少しずつ上を向いていきます。首の後ろに痛みや違和感がある場合は角度を緩めてください。20秒間キープします。

首の横

少しずつ顔を右に向けて首の左側を伸ばします。20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

首の後ろ側

手を頭の後ろで組んで、両肘を中に寄せて頭を少しずつ下げていきます。20秒間キープしましょう。 *この時背中を曲げると首の後ろが伸びずに背中が伸びてしまうので注意しましょう。

首の横と肩

右手を背中に回し、左手を頭の上に乗せて倒していきます。20秒間キープしましょう。反対側も同じように伸ばしましょう。 *この時肩が上がらないように注意しましょう。

肩まわりのストレッチ

機器写真

お風呂上りなど筋肉・関節が柔らかい時にチャレンジしてみてください。

肩甲骨を回すのニャー!

この運動は肩甲骨の動きを良くすることで首・肩の症状を改善します。

肩甲骨回し

指先を肩につけて肘を横に張り、肘で大きな円をかくように前から後ろに大きく10回まわします。次に後ろから前に大きく10回まわします。常に肩甲骨を動かすように意識してください。

肘を開いてバンザイ

腕を水平に前に伸ばし、肘を直角に曲げて、ぴったり前腕を顔の前で合わせ、90度の角度を変えずに横に開きます。手のひらを前に向けたまま両手を真直ぐに上げて、ゆっくりと元に戻します。これを10回繰り返します。この時、肩甲骨を意識したまま、肘が下がらないように角度を維持するよう気をつけましょう。

肩甲骨の開閉

膝をそろえてイスに座り、手の甲を合わせ、身体を前に傾けながら手を床に近づけます。この時、背中の肩甲骨どうしが離れるように意識して背中を丸くします。少しずつ肘を後ろに引き、手の甲を離して手のひらを上に向け、肩甲骨どうしを引寄せて胸を張ります。常に肩甲骨の動きを意識して10回繰り返します。