ランニングでの痛み 足底腱膜炎

こんにちは、山下です。

冬なのに最近は暖かい日が多いですね。

今回はランニング障害の足底腱膜炎について解説していきたいと思います。偏平足

踏み込み時や踵接地の時に足裏(踵や土ふまず)が痛くなります。

 

痛みの出る個所

痛みの出る個所はこの部分が多いです。

 

足底筋ストレッチ

このように地踏まずを伸ばして痛みが出ると足底腱膜炎の可能性が高いです。

 

ランナーだけでなく剣道の踏み込みの左足や

立ち仕事をしている方にもよく見られます。

足底腱膜炎は足のアーチが低い(偏平足気味)為に

慢性的に足底腱膜へ伸張ストレスがかかり発症するものです。

 

足底腱膜が硬くなっている場合はそのストレッチをしていきます。

つま先ストレッチ

先を立てて引っ張り土ふまずを伸ばして下さい。

 

またアキレス腱が硬いと、かかとの骨が上に引っ張られて足底腱膜への伸張ストレスも大きくなるので

アキレス腱ストレッチ

アキレス腱も入念にストレッチして下さい。

 

足底腱膜が緩んでいる場合は足の指の屈筋の強化を行います。

タオルギャザー

足の指でタオルをギューっとつかんでパッと離す運動を20回します。

(タオルギャザー)

指トレ

足の指を曲げる力だけで少しずつ前進する訓練を1mします。

 

腓腹筋カーフ

片足立ちになりつま先に力を入れて踵を上げる運動を10回ずつ行います。

痛みがあるときだけでなく痛みが取れてからも継続的にこの運動をして下さいね。

 

これでよくならない場合はテーピングや足底に入れるアーチサポートなどをしたり

物理療法などをする必要があります。

我慢をせずに当院にご相談ください。

2015年12月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングでの痛み 足底腱膜炎」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 足の裏が痛い、足底腱膜炎の予防 | 橋本接骨院

  2. ピンバック: 足底筋膜炎のテーピング | 橋本接骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です