ソフトテーピング 足底筋膜炎

ランニング障害

足の踵の痛み、土踏まず部分の痛み

5㎝幅ソフトテープ

60㎝ 2本

25㎝ 1本

ソフトテープ

重心の判別

均等の重心

本来、足の重心はオレンジの部分に均等に重心がかかります。

グレーの部分の親指で地面を掴む力が弱ったり、足底の筋力低下や骨盤の状態で足の裏の重心バランスは崩れます。

重心の判別

親指側、小指側のどちらに重心がかかりすぎているか判別します。

平らな所で真っ直ぐに起立してもらい、指を入れて上に持ち上げて左右を比較します。重く感じる側に重心がのっています。

足の裏を眺めて「マメ」のできていところ、皮膚の分厚くなっているところ、靴の底の減り具合や踵の傾きなどで判別しても構いません。

貼り方

土踏まずにのせるように貼る

25㎝テープを親指の付け根から踵の中央にむけて貼ります。

決して引っ張らないでください。土踏まずにのせるように貼ります。

足底筋を覆うように貼る

足底筋を覆うように貼っています。

ここからは左足の小指側に重心がかかりすぎている場合の貼り方です。

指にギリギリかからない所

足の甲、親指と人差し指の間から60㎝テープをスタートします。

足の指にギリギリかからない所から斜めに貼ります。

足首は直角にしておいてください。テープは必ず引っ張らないよう、たるませないように貼ります。

クロス

斜めに足の裏に回りこんだテープは土ふまずの親指側を通ります。

踵からアキレス腱に

踵と土ふまずの間を通り、踵からアキレス腱に向かいます。

022

アキレス腱を通過したところで終わります。

一段階

裏から見たところです。

小指と薬指の間から貼る

次の60㎝テープを小指と薬指の間から貼り始めます。

先ほどと反対方向に貼っていきます。

土ふまずを通過

足の裏の土ふまずを通過します。

テープは黒色のテープの上で交差します。

再度足の裏に

足の甲を通り、再度足の裏に。

踵からアキレス腱に向かいます。

出来上がり

完成です。

出来上がり(裏側)

裏からみたところ

出来上がり(横側)

上からみたところ

*親指側に重心がかかりすぎている方は黄色のテープを貼る順番を逆にしてください。

テープを貼った後

テープは2~3日貼ったままにしてください。

入浴で濡らした後はタオルで押し当てるように乾かしてください。

擦れるのに弱いので、靴下の脱ぎ履きに注意。

ツッパリ感がきつければ、引っ張って貼りすぎているので貼りなおしましょう。

かぶれたり痛みが強くなるようならすぐに剥がしてください。

 

このソフトテーピングはGontex Multicolor Tapeを使用しています。

橋本接骨院の受付でも販売しています。

痛みをなくして快適にランニング・ジョギングを楽しみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です