オスグッド病(原因は)

膝の図 小学生高学年から中学生、高校生の脚の痛みで多いのがオスグッド病です。 膝のお皿の下の骨のところが盛り上がり、押さえたら痛みます。また、走ったりジャンプや膝の曲げ伸ばしで痛むのが特徴です。

原因は

成長期の骨が完全に出来上がっていない時期に、部活動などで激しく走ったりジャンプをしたりすることで、太ももの前側の筋肉と膝の下の骨の部分が引っ張られ、小さな剥離骨折を繰り返し傷つくことで骨が隆起します。 基本的には使いすぎによるものが原因です。

体が固いとなりやすい

オスグッド病は太ももの前側の筋肉が、疲れやストレッチ不足などで固くなると筋肉は硬くなり、膝を曲げたりジャンプしたりする度に膝下の骨の部分が引っ張られます。 また、オスグッド病になった子どもの体は膝や太もものの筋肉以外にも股関節や足首、腰まで固くなっています。 これは普段の体の使い方や余計な力が習慣的に入っていたり、骨盤の傾きや姿勢からも原因となって引き起こされています。 運動のトレーニングでも筋トレや走り込んだり筋肉を使うことばかり多くなり、筋肉の過緊張を繰り返すことが多いのではないでしょうか。逆に筋肉をゆっくりと伸ばしたり、ストレッチしたり筋肉のケアが不足していることが多いのも現実です。 理想的な柔軟で強い身体を作るには緊張と弛緩のバランスが大切ですね。

回復には

回復には個人差がとても大きいのがオスグッド病です。 運動を休めても回復しない、大人になっても痛みが続く、そういった悩みで来院されるかたも多いのも事実です。 オスグッド病は骨に傷をつけているわけですから、骨の修復には1~2か月はかかります。 1~2週間の安静では回復は難しいでしょう。 しかし、膝周囲の問題だけで発症している方は少ないです。 筋肉の過緊張と弛緩のバランス、骨盤や姿勢の問題、正しいストレッチ、硬くなった筋肉の緩め方、 また、間違ったケアをされている方も多いです。

次回はオスグッド病へのストレッチと骨盤ケアについて解説していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です