手首の腱鞘炎「ドケルバン病」

ドケルバン病

指が痛んだり、曲げにくくなる腱鞘炎。

じつは腱鞘は手の指だけではなく手首にもあります。その親指側に起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」(狭窄性腱鞘炎)といいます。

手首にも腱鞘

親指を動かす腱は腱鞘というトンネルの中を通っていますが、指をよく仕事で使う人やスマホの使い過ぎなどで炎症を起こしたときに引っ掛かりを生じます。

そうなると親指を動かしただけで痛んだり、ひどくなると日常生活に大きく支障をきたします。

ビンのふたを外せない!

ペットボトルのキャップを外せない!

ペンを握るだけで痛い!

最悪の場合手術の必要なケースも多く発生します。

「もしかして手首の腱鞘炎?」と思ったら確認してください。

グー

親指を握りこんでグーをつくる。

親指を上に向けて肘を真っすぐに伸ばす

握りこぶし

手首を下に曲げる。

このとき手首に痛みがでればドケルバン病である可能性が非常に高いです。

こじらせると慢性化してしまうので、気をつけてください!

ドケルバン病の治療は患部を休めることが基本です。

そのうえで、ゆっくりと温めたり、ストレッチ等を行ってください。

 

ドケルバン病、腱鞘炎でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

 

橋本接骨院

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~+12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です