マラソンと風邪

スポーツの秋

スポーツの秋ですね。ランナーのみなさん、大会も徐々に近づき、うずうずしてしまいませんか?

そんな、大会を前にカラダを動かしたいというランナーに、ここでひとつお知らせです!

じつは、急激に運動をすると、健康になるどころか免疫力を低下させてしまうというのをご存知ですか?

これは、初心者だけでなくアスリートランナーも同様です。すぐれた体力を備えていると思われるアスリートでさえ、長時間のランニングの後は風邪をひきやすくなっています。

なぜ?

健康になるために走り続けている方も多いと思います。

その原因は「長時間のランニング」。

長い時間走り続けること、毎日のランニングによって免疫力が低下することは研究の結果証明されています。

これはオーバートレーニング症候群という慢性疲労状態であり、そのような状態では体にとってのストレスになります。

このストレスは体の内部環境を変化させ、自律神経系、内分泌系、および免疫系の機能を疲弊させ、免疫機能も低下しています。

風邪をひかない、健康のための運動であるならば、ほどほどのランニングや5000~7000歩程度のウォーキングにとどめましょう。

ランナーの皆さんは何もしていない人たちより風邪をひきやすいことを意識して、疲れをため込まない、休足日を作る、手洗いマスク等の予防策をしましょう。

ランニングを頑張りすぎると免疫的なことだけでなく、ケガやランニング障害など悪い面もありますが、脚力や心肺機能の向上、身体能力のアップ、ストレス解消など身体にとって良い面も多くあります。

LSDトレーニングの後や大会の後は特に注意して風邪の予防を心がけてくださいね!

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です