ぎっくり腰のツボ5 委中(いちゅう)

日曜日は神鍋高原マラソンでした。

死亡事故もありました。脱水症状で10数名の方が手当てを受けたとも報道されていました。

ハーフとはいえ慎重に体調を見極めることが大切ですね。

ぎっくり腰のツボ第5回目です。

古来からぎっくり腰には委中のツボ

ぎっくり腰のツボで最も代表的なのはこの委中のツボです。

この委中のツボは腰ではなく、膝の裏側にあるツボです。

なぜぎっくり腰なのに膝のツボ使うの?

これが東洋医学の面白いところで、ツボは点で存在していますが、関連するツボ同士を結ぶと経絡という線になり、この経絡は全身に流れています。

委中のツボは経絡を介して腰の多くのツボと繋がっています。

また、東洋医学の古典の中でも腰痛の特効穴として有名です。

肚腹三里に留め、腰背委中に求む 頭項列缺に尋ね、面口合谷に収む

おなかの病気は、足の三里に鍼や灸をすると楽になり、
背中や腰の痛みは、足の委中(ひざの真後ろ)の鍼が効く。
頭や首の後ろは、列欠(手首のやや上・肺経)がいい。
顔や口の中の病気には、手の合谷がよく効く。

背腰部痛には委中のツボが良いということです。

委中の場所

委中のツボは膝の裏で、横すじの真ん中にあります。

ぎっくり腰になると、ここの筋肉が張って固くなっています。そして押さえてみると痛く感じます。

膝を曲げて膝の後ろに両手を回し、中指を重ねて引き上げるように押さえます。

適度に心地よい強さで押さえてみてください。

やさしくもみほぐすように3分ほど刺激します。

市販のお灸も効果的ですよ!

変型性、膝関節症、 ふくらはぎの引きつり(こむら返り)に優れた効果が期待できます。

膀胱の働きも活性化し、排泄機能を高める作用もあります。

足痩せのツボでもあり、足の疲れやムクミを取り除く効果が期待できます。

ぎっくり腰になった時、痛みが引きにくいときは来院してくださいね!

神鍋高原マラソンいろいろありました💦

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です