理想の睡眠時間


よく言われているのが「睡眠は人生の3分の1を占める」

では、1日の3分の1の時間を睡眠にあてると8時間・・・

実際に8時間睡眠が必要なのは成長期の子どもだけです。
年齢とともに必要な睡眠時間は少なくて済むようになっています。
50代では7時間
60代では6時間
これでも十分ぐらいです。
「寝られない」「睡眠不足だ」と訴える方は多いですが、8時間も寝る必要はないですよ!
寝られない、夜中に何度も目が覚める、こんな症状があっても不眠症ではありません。
日常生活に支障があれば不眠症です。
高齢になるほど睡眠時間が短くなるのは老化のひとつです。

眠れなくても気にしない!

そんな日もありますよ!
あまり時間にこだわらず、眠くもないのに無理に布団に入ってストレスををため込むぐらいなら、開き直って夜更かしを楽しむほうが生活の質を高められますね!

眠れなくて日中の生活でボーっとしてしてしまう、疲れが取れないなどの症状のある方はご相談ください!

日常生活に支障をきたすような不眠症の方、睡眠不足でイライラする方、睡眠の質を高めたい方に自律神経調整療法(hi-vol&MC通電)をお勧めしています。 1回600円

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です