爪が黒くなる爪下血腫(そうかけっしゅ)

フルマラソンの後や長時間のランニングで爪が黒くなってびっくりしたことはありませんか?

これは爪下血腫(そうかけっしゅ)と言って爪が圧迫されて内出血を起こし、血がたまった状態になります。

痛みもあるし、一ケ月~数ケ月後に剥がれてしまうことも多いです。

私も初めての姫路城マラソンを走りきった直後に靴下を脱いだら左右6本の爪が黒っぽくなっていて、翌日になると真っ黒に色が変わり痛みも出てきて驚きました。

この爪下血腫は足を柱などにぶつけたり、ドアに挟んだりして起こることが多いですが、マラソンででも頻繁に起こります。

また、マラソンやランニングでは複数の爪に起こることが多いですよ。

爪下血腫の原因

ランニング中は足を出す動きの度につま先にかなりの負担がかかります。

普段の練習ランなどでは走る距離が短いので爪にかかる負担も少ないのですが、フルマラソンや長距離走になると負担が積み重なり爪下血腫を起こしやすいから注意が必要です。

①サイズが小さいランニングシューズを履いている

爪先が常にシューズに触れていると圧迫されてダメですよ!

一般にランニングシューズの先から指の距離は1~1.5cm位空いているものが良いといわれています。しかし、実際にお店で履いてみて、フィット感をよく確かめたり、店員とよく相談して購入しましょう。

またシューズのワイズ(幅)も重要なポイントになります。

ワイズ(幅)がしっかり合っているとシューズの中で前後に足が移動することがないですよ!

②靴ひもがゆるい

走るたびにランニングシューズのひもは邪魔くさくても締めなおしましょう!

つま先がシューズの中で動き回ることも原因になります。

③ソックス選び

安いソックスは縫い目や繊維の塊がつま先に当たることが多いです。

靴の中で滑ったり、汗や路面の水を含んで蒸れたりするとシューズの性能が出せないばかりか爪を痛めます。

シューズにはこだわるのに、ソックスは何でもよいというランナーは多いです。

滑り止め、通気性、蒸れない、足底のアーチサポート等、走りやすさが全然違いますよ!!

爪下血腫になったとき

小さな内出血はそのまま放置しても大丈夫です。

爪の1/3以上の内出血や痛みが強い場合は病院で爪に穴を開けて血腫を抜いてもらいましょう。

爪が剥がれてきたら無理に剥がさずにテーピング等で固定したほうがいいですよ!

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です