腰痛、肩こりに皮内鍼

ぎっくり腰で動けない!

転んで捻挫した!

そんな時・・・

おススメしたいのが皮内鍼。

朝晩の気温変化の激しいこの時期、ぎっくり腰で来院される方が多いですね。

また、ぎっくり腰になりそうな、なる一歩手前で来られる方も多いです。

そしてこの時期にはぎっくり腰以外にも捻挫やスポーツのケガ。

また、冷房や汗冷えで首、肩の違和感を訴えられる方も多いです。

そんな方におススメしているのが皮内鍼です。

皮内鍼とは

皮膚の表面にほんのわずか、1mmほど鍼を入れます。鍼を入れると聞いただけで怖くなってしまう方もいるかもしれませんが、大丈夫!!絶対に安全で痛くありません。

針がとれて身体の中に深く入ってしまわないように加工されているので安心してください。
このまま3~4日ほど置いておきます。

皮内鍼を入れたまま普通の生活をしていても大丈夫ですし、 お風呂も入れます。激しいスポーツをしても構いません。

むしろランナーやスポーツされている方におススメの療法です。

身体を動かすのに邪魔にならないので多くのスポーツの現場でも活用されています。

テープの上から押しても叩いても、痛みは感じません。

写真のように小さな絆創膏に皮内鍼がセットされています。

皮内鍼の効果

皮内鍼はこんなに小さく、ほんのちょっとしか体に入れないのに効果はとても高いです。

ひどいぎっくり腰はもちろん、捻挫などの急性の痛みは得意とするところです。

もちろん、慢性のコリや痛みにも有効です。

皮内鍼を入れた場合と入れない場合は「施術後の持ちが違う」と患者さんからお話を伺います。

なぜそんなに効くのでしょうか。

皮内鍼の原理

皮膚に刺激を加えると、筋肉や内臓に影響を及ぼすことは証明されています。

つまり、皮膚表面と筋肉の深部や内臓と深く関連しています。

「内臓体壁反射」

皮内鍼は、これを最大限に活用した施術です。

そのため、正確にツボに当てることが大切です。

そこに、ピンポイントに皮内鍼を挿入します。

すると、痛みを抑えたり損傷している筋肉や不調をきたしている部分の治癒を促す信号が伝わるというわけです。
繊細で一番強く信号が伝わっている箇所なので 強い刺激を与えると、逆に痛みが増す場合があります。

ほんのわずかだけ針を入れるという、極小の刺激で痛みを抑制する信号を脳に送っているのです。

 

ぎっくり腰になった! 腰がやばい!

捻挫をした! スポーツで痛くなった!

肩こり、首が重い

こんな症状に皮内鍼は適していますよ!

橋本接骨院の皮内鍼施術は実費で500円程度です。

ご希望の方は受付で申し出て下さい。

お知らせ

6/6~6/12までLINE@会員限定で腰痛or肩こりのための皮内鍼無料体験クーポンを送っています。

まだLINE@会員になってない方はトップページのLINE@の欄から登録してください。

7月上旬までLINE@でお得なクーポンを週ごとに提供しています!

トップページへはこちらから

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの膝の痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

 

ランニングフォームは普段の姿勢から

 

1週間に何時間走っていますか?

5時間? 毎日走っているから7時間?

1週間は168時間。

1日8時間寝ていたら起きている時間は112時間。

そのなかで走っている時間は?

起きている時間に比べると走っている時間はごくわずか!

姿勢よく、綺麗なランニングフォームで走りたい!

走っている時間だけフォームを意識してもさほど変わりません。

変えるなら普段の姿勢を意識しないとダメですよ!

猫背になっていませんか?

身体を左右に傾けていませんか?

ガニ股になっていませんか?

綺麗なフォームで走りたい!

ならば今すぐ鏡の前で自然体で立ってみましょう。

鏡の前で姿勢をチェック!

正面から

  • 肩の高さは左右そろっていますか?
  • 体重を左右どちらかにかけていませんか?
  • 膝の間は開いていませんか?

横から

  • 耳・肩・股関節が1直線になっていますか?
  • 背中は丸くなっていませんか?
  • 腰は反り返っていませんか

ランニングフォームは普段の姿勢からです。

気が付いたときに姿勢をチェックしてみましょう!

 

橋本接骨院では姿勢のチェックも測定いたします↓

姿勢をチェックします

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

ランニング前のおにぎり

おにぎり1個(160㌔cal)

一般的な30分ランニング(120㌔cal)

やばいですね~!

意外とランニングではカロリー消費していないです。

たくさん動いている気がするけど・・・

気のせいですね。

走る前にいつも何か口にいれているけど、ちょっと食べるものを考えて選びます!

走った後のおやつも考え直します(#^^#)

・・・バナナ(90㌔cal)1本がちょうどいいね!

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

肩こりと肩甲骨

走ると肩がこるというランナーは多いです。

腕の振りを意識しすぎたり、肩甲骨を寄せることに力が入ったり、地面を見続けて走って猫背のフォームで走ったり、そういぅたことが原因でフォームが崩れて肩がこるランナーが多いです。

ランナーだけでなく、日常から肩こりがひどい人は、肩甲骨が下に下がっており、さらに前に出ている(外転している)人が多いです。

 

立った姿勢を鏡でチェックしてみましょう。両肩が下がり、肩甲骨が両側ともに外に垂れ下がるようになっていませんか?

 

横から見てみると肩が前に出て背中が丸くなっていませんか?

いわゆる「猫背」の姿勢になると、このように重力により肩甲骨は外転し、肩や背中の筋肉が常に緊張している状態になっています。

肩こりを起こしているのは筋肉です。

なかでも肩甲骨は17個の筋肉で支えられています。

実は肩甲骨と体の中心との連結はがっちりと骨で支えられているものではありません。

スミマセン、絵が下手でわかりにくいかもしれませんが、

背骨→肋骨→胸骨→鎖骨→肩甲骨→上腕骨とつながっています。

背骨から直接肩甲骨がつながっているわけではありません。

骨だけだと肩甲骨はグラグラした不安定な状態であり、ほぼ背中で宙に浮いたも同然の状態で存在しています。

肩甲骨がグラグラといろんな方向へ動くからこそ、肩から腕の動かせる範囲は大きく、複雑な動きも可能です。

肩甲骨を支えているのは筋肉です。

そして腕の重みを支えているのも筋肉です。

手を動かしたり、物を持ったりするとき、肩甲骨がグラグラでは力が入りません。

必ず肩甲骨の周囲17個の筋肉でがっちりと肩甲骨を安定させています。

これらの筋肉が過度に緊張したり、引っ張られたり、収縮しすぎたりすることで肩こりになります。

つまり、肩甲骨の位置や状態が悪いとそれだけ筋肉が張り、肩こりになりやすいことがいえると思います。

ランニングフォームの崩れ、猫背の姿勢になると肩甲骨が外転位となり特定の筋肉に負担がかかり、そこに肩こりの症状が出てきます。

ランナーの肩こりを起こす筋肉

僧帽筋

肩甲骨をしっかり支え続けているのが「僧帽筋」で、頭の後ろから肩甲骨、そして背骨まで広がっている大きな筋肉です。

特に首から肩甲骨にかけての部分(上部線維)は肩甲骨を吊り下げる構造になっています。

つまり、僧帽筋は上体を起こしている間、左右合わせて10Kgにもなる腕を支えるなど、日常生活でも酷使されるため、疲労がたまりやすいのです。

マラソンなどで腕を振り続ける時、知らず知らず腕の重みの負担がこの僧帽筋にかかってきます。

肩甲挙筋

肩甲挙筋は、収縮すると、肩をすくめる働きがあります。

腕を上げたときにこの肩甲挙筋は肩甲骨を支えて固定し、腕の土台の役目を果たします。

また、この肩甲挙筋は姿勢のバランスをとる役目の筋肉でもあります。からだが左右どちらかに傾くと、からだが倒れてしまわないように反対側の肩甲挙筋が収縮してまっすぐになるようにバランスをとります。

肩甲挙筋は細く長い筋肉のため、大きな力を出したり、過剰な負荷に長期間されされているとすぐに疲れます。

ランニングでのフォームの崩れは即、肩甲挙筋に影響しますよ!

菱形筋

猫背の姿勢をとると非常に過緊張になりやすく、しつこいコリを感じやすい筋肉です。

また、菱形筋は立っている時に常に緊張しており、肩甲骨を適切な位置に保つ働きがありますが、菱形筋の力が弱っていると肩甲骨は外転位となり、外に向かって開く形になり肩甲骨を腕ごと下に下げてしまいます。そうなると僧帽筋に余計な緊張が掛かり首から肩にかけてのコリが出てきます。

肩こりの解消法

姿勢の崩れや猫背からくる肩こり、ランニングでの肩こりに痛いところやコリのあるところをマッサージをしたり、ストレッチをされる方は多いと思います。

しかし、それだけだとすぐに元に戻ったり、翌日になるとかえってコリを呼び起こしていたりしていませんか?

猫背やランニングフォームが崩れると肩甲骨は外転していきます。

肩甲骨が外転して外に開いていくと僧帽筋・肩甲挙筋・菱形筋は引っ張られて緊張状態になります。

肩こりのある僧帽筋・肩甲挙筋・菱形筋をマッサージして緊張状態を改善しても肩甲骨の外転する力を弱めないと肩こりは元に戻ってしまいます。

肩甲骨を外転させる筋肉のストレッチ

ほぐしてもすぐに戻ってしまう肩こりは、肩こりが出ている筋肉だけでなく肩甲骨を外転させる筋肉に問題があります。

こっている筋肉ではなく、小胸筋と前鋸筋をストレッチしましょう。

小胸筋のストレッチ

壁に手のひらをつき、前腕を壁に垂直にくっつけます。そのまま一歩前に踏み出し胸を前に突き出し20秒キープします。

前鋸筋のストレッチ

イスに座って上腕を身体に密着させます。肘を90度に曲げ、前腕を外側に広げていきます。

胸を張り、背中を伸ばして20秒間キープします。

肩甲骨周囲の筋緊張をリセットする体操

肩の筋肉は硬くなると肩甲骨の動きが悪くなります。

肩甲骨を回して周囲の筋緊張をリセットしましょう。

両手の指先を肩の先にくっつけます。

肩甲骨の動きを意識しながら、肘を下から上へそして後ろに回します。

ゆっくりと大きく回します。

10回回したら今度は反対側にも10回回します。

ランニング中に肩の疲れやフォームの崩れを感じたら

ランニング中、足元を見ている姿勢が長かったり、後半に疲労がたまって来たら、先ほどの肩甲骨を回す体操をしましょう。

走りながらでも構いません。肩甲骨をぐるぐる回してみましょう。

両手を大きく横に広げて胸の筋肉を伸ばしましょう。

後続のランナーに気を付けてくださいね!

肘を直角に曲げ、手のひらを外に向け、胸を張りながらお腹を1センチ引っ込めます。

この3つの体操を走りながら行い、フォームを整えましょう。

ランナーの肩こりについてはこちらから↓

ランナーと肩こり

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

体温の一日の変動と運動

ランナーの皆さん、自分の体温の一日の変動を知っていますか?

自分の体温の変化のリズムを知っておくことも大切ですよ!

早朝

恒温動物

ヒトは体温が一定の恒温動物です。

常に恒常性という仕組みで体の中の温度は外気に関係なく同じ温度を維持しています。

この体温、実は一日のうち1度くらいの幅で上がったり下がったりを繰り返します。

体温の一日の変化

体温の変化

体温は夜明け前が最も低く、朝に向けて徐々に上昇し、夕方から午後10あたりでピークを迎え、そして急激に体温は下がります。

これが本来の体温のあるべき変化です。

体温の最も低い午前3~4時は脚の「こむら返り」を起こしやすかったり、動かし始めの関節が痛かったりすることが多く注意が必要です。

心地よい睡眠のためには夜にかけて上昇した体温と、深夜急激に下がる体温。この差が大きいほど熟睡できます。

この体温変化のリズムを崩さない生活が大切です。

つまり、寝る前に冷たい飲み物をがぶ飲みしないこと。せっかく体温が上昇し、身体が眠る体勢に入っているのに、体温の上昇を妨げることになります。

夜遅くの運動も体温が下がる時間を遅らせ、不眠の原因になったり、夜型の生活に移行しやすくなります。

夜に運動をするときは体温上昇のピークの3時間前(午後8時)までにすることが望ましいです。

伸び伸び

この体温変化の幅は高齢になるほど狭くなりやすいです。

若者だと変化の幅が1℃ほどあったのが徐々に変化しにくくなります。

一日の変動幅が少ないと眠りも浅くなりやすいです。

このため、尿意やちょっとした物音で目が覚めやすくなります。

 

 

この体温の変化にメリハリをつけることが健康な生活をおくるために大切です。

体温が上昇していく時間帯にトレーニングすることがメリハリをつけることになりますよ!

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

 

睡眠と朝の光

ランナーの皆さん、ゴールデンウィークはしっかりと走り込めましたか?

頑張りすぎて大変な目にあっている?

心身ともにヘトヘト?

予定通り練習できた方、レースに頑張られた方、家族サービスで大変だった方、飲み過ぎて疲れた方、いろいろですよね!

最高な時間

私は後半、中学校PTAの方たちと飲み過ぎてグタグタでした。

ゴールデンウィークの疲れもあったのでしょう。

楽しかったけれどリラックスしすぎました💦

 

まずは、しっかりと睡眠をとって疲れを取り除きましょう。

睡眠は大切ですよ!

しかし、よく眠れない、スッキリと目が覚めない、日中にボーっとしてしまう。

だらだら感

こんな時は体内時計をリセットしましょう!

睡眠リズムのカギは体内時計。

人の体内時計は地球が刻む24時間のリズムよりわずかに長く設定されています。

つまり体内時計を毎日リセットする必要があります。

そのリセットに欠かせないのが光。

脳にある体内時計の中枢は、目の網膜からキャッチした光情報でリセットされます。

つまり朝起きたら直ぐに外に出て太陽の光を浴びることが大切ですよ!

背伸び

外に出る時間がなかったり、曇りや雨の日だとカーテンを開けて窓際に椅子でも置いて、ちょっとした時間を過ごすだけでもオッケーです。

かならず、朝起きたときは明るい光を浴びるか、明るい場所に居るか、照明を明るくした場所に行くようにしましょう。そして朝の照明の色は暖色系ではなく、白から青に近い色が効果的。これは体内時計のコントロールに関わる受容体は青色の光に反応するからです。

 

光と影

神鍋高原からの朝日、綺麗でした!

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

ふくらはぎは「第2の心臓」

姫路城

ランナーの皆さん、ゴールデンウィークはがっつり走っていますか?

長期の休みこそ普段できないようなトレーニングができますね!

普段運動をあまりしない方もこの連休中に何か始めてみてはいかがでしょうか。

 

ところで質問です!

Q.血流を全身に循環させるのは?

A.心臓、血管、横隔膜、筋肉などがその役割を担っています。

Q.では足先の血液を心臓に送り返すのは?

A.ふくらはぎです。

ふくらはぎは「第2の心臓」とも言われています。

ふくらはぎの筋肉は収縮と弛緩を繰り返すことによってポンプのように静脈に圧力をかけて、心臓に血液を押し上げる作用があります。

重力に逆らってポンプの役割をはたすふくらはぎの筋肉を鍛えるにはランニングが効果的ですよ!

ランニング中はじっとしているときの2倍以上血液を心臓に送ります。

つまり走るだけで血行促進のマッサージを受けているようなものです。

デスクワークや車での移動が多い方、冷え性の方、脚がむくみやすい方こそランニングは効果的な健康維持法ですよ!

自然の中で

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

カラダに悪いランニング?

スポーツはケガとの戦いでもある。

ケガをしないことがスポーツを長く続ける秘訣です。

暗闇

接骨院に来院される方の大多数はケガが原因で受診されます。

スポーツでのケガは大きく分けて外傷と障害の二つに大別されます。

外傷はコンタクトスポーツなどでの接触による怪我、スノーボードでの転倒、球技による捻挫などがあります。

障害はランニングや自転車、ゴルフやテニスなど特定の部位に無理な力が加わったり、繰り返しの衝撃がかかったり、捻じる外力が繰り返されて起こります。

特に身体の使い方を誤ってケガをしやすいのがランニングです。

走ることは誰でもトライできます。

特別な道具やウェアもなしで始めることが出来ます。

身近な道路で始めることが可能で、特別なグランドや施設も必要ありません。

ゴルフやスキーのように経験者にしっかり基礎を教えてもらうこともありません。

誰でも気軽にランニングができます。

しかもランニングはダイエット目的やからだづくり、トレーニング、と走る理由も様々です。

特に大人になってからのランニングは基礎的な筋力がないままで始める方が多いです。

しかも自己流で走ります。

ここに大きな危険があります!

ウォーミングアップやストレッチなどの予防やケアも知らずに走ります。

ランニングでは初心者ほどアキレス腱や足裏をケガすることが多いです。

着地時には体重の3倍もの負担がかかるのに、専用のシューズでなく、家にあるスニーカーで走ります。

ランニングシューズであっても足に合っていなかったり、走力に合っていない場合が多いです。

着地時に足首が大きく内側に倒れこんだり、ランニングフォームを考えず、安定しない走りのために足だけでなく膝や腰などにも大きく負担をかけがちとなりやすいです。

ある程度走れるようになるとオーバーユースでランナー膝や股関節の痛みが急増します。

ランニングは何歳からでも簡単に始めることができます。

しかし、大人のランニングは加齢でケガのリスクは上がる。筋肉は鍛えることが出来るが、腱や靭帯はトレーニングでは強くならず、劣化していっています。

軟骨はすり減りやすく、失った軟骨はほとんど再生できません。

健康のためのランニングでケガをする。本末転倒ですね!

ランニング、マラソンを始めるのであればリスクを極力減らすための身体の使い方を覚えましょう。

最低限、弱くなっているところを知っておき、正しくシューズを選び、走り方やケガの対応を知っておくべきです。

ランニングは正しく続ければ心肺能力や代謝を高め、健康生活を維持する体力を増進できるし、何より走ることは楽しい!

いつまでも走ることのできる身体づくりを橋本接骨院はお手伝いします。

アップ

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

ランニングを始めたのに体重が減らない!?

ランニングしているのに体重が減りません。

いや、むしろ増えている!

大丈夫ですよ!

ランニングを始めたばかりの人の体重が増えるのは正しく体が鍛えられているからです。

筋肉が水分を蓄えている

筋肉は活動的になるほど水分を多く含んで重くなる性質があります。

ランニングをすると、体は筋繊維のダメージにより回復するとき、筋肉は多くの水分を必要とします。

また、使われている筋肉にグリコーゲンを届けるためにも体は水分を蓄えようとします。

筋肉内の水分増加による体重の増加は一時的なもので、しばらくすれば体重が減ります。

体重が減ってきた頃から体脂肪を消費していく体へと変化します。

このときの体重増加に慌てて極端に食事制限をすると、筋肉量が減少してしまいます。

そうなると太りやすく痩せにくい体になるので注意してください。

筋肉と脂肪どちらが重い?

ランニングを続けると走るための筋肉がついていきます。

体内の脂肪が燃焼され、筋肉に置き換わります。

同じ体積であれば脂肪組織より筋肉の方が重たいです。

ランニングを始めることが即、減量にはなりません。

最初は一時的に体重は増えるでしょう。

ランニング後の買い食い

ランニング等の有酸素運動は多くのカロリーを消費します。

運動後には何を食べても太らない、

この安心感でランニングの後に買い食いをしていませんか?

・・・私だけではないはず!

運動後は筋肉の再生を助けるような栄養価が高く質の良い物を摂りましょう!

体の裡なる声

体重計の数値に一喜一憂しないでください。

自分の「体の裡なる声」に注意をむけましょう。

「体の裡なる声」は整彊術でよく使われる言葉で

ヒトの体の本能が要求しているもの、

知識や頭で考えるのではなく、体が本当に必要としているもの、

生き物としての人が欲する欲求です。

本当に体が必要としている栄養も体の裡なる声であるし、

走りたいという欲求も体の裡なる声が呼び起こす本能でもあります。

適度なランニングは人の体に活力を与え、生き生きと積極的な生活の基本となります!

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

院内の医療設備をリニューアルしました

2/10に橋本接骨院の医療設備をリニューアルしました。

保険外機器(自費診療)

オステオトロン

オステオトロンの導入。

オステオトロンはLIPUS(低出力パルス超音波)ともいわれる最新の医療機器です。

スポーツでの使い過ぎ(オーバーユース)による疲労骨折、腱鞘炎、鵞足炎、シンスプリント、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)に特に有効です。
さらに、ハイボルテージやマイクロカレントと併用したり、立体動態波のコンビネーションにより早期回復だけでなく、痛みを軽減する効果も高まります。

オステオトロンLIPUSは、骨・骨周辺の軟部組織の痛みに効果があり骨折治療を40%早くすると言われています。

ケガが慢性化した場合でも、慢性化した組織の伸展性を高める作用があるためケガの再発、拘縮を予防する効果がありますよ!

この施術は超音波の振動を無痛で患部に照射する施術で20分間毎日(最低週2回以上)続けることで効果を発揮します。

橋本接骨院では、ランナーに積極的に使用しています。ランナーからの嬉しい報告も届いています。ご興味のある方は受付にてお声かけ下さい!

アステオ

ハイボルテージ、マイクロカレントの最新機器「アステオ」を導入しました。

ハイボルテージは高電圧の電気刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流増大、治癒促進などに利用できます。特徴として従来の電気治療に比べて、短時間で痛みを軽減できることから効果がその場で要求されるオリンピック選手の活躍する現場で成果を出しています。

保険内機器(健康保険施術)

基本の干渉波

干渉波

橋本接骨院でベッドの施術で使用する干渉波医療機器です。一番多く使う機器こそ最良のものを!

ほとんどの患者様に施術する器械です。

従来の機器よりより気持ちよく、マッサージ感が強まり、多くの方に満足していただける機器です。手技やその他の施術と組み合わせ効果が最大限発揮できますよ!

ウオーターマッサージベッド

ウォータベッド

水の水圧で全身をほぐしてくれます。これはぜひ一度乗ってみてください。

文章で説明するより体験してもらえば違いが即、わかります!

首や肩が凄いです!

超音波

超音波

超音波も最新のものに変わりました。より安定した出力でピンポイントで患部に温熱とマイクロマッサージ効果を与えます。

その他

温熱治療機を超短波に変更しました。

通常の温熱治療機は皮膚表面から熱を加えますが、体の表面は熱くなっても深部はさほど温もりません。

しかし、超短波は皮膚を素通りし、体の中から温めます。ヒトの体は皮膚表面に温度を感じる細胞があり、熱が素通りしているため超短波を照射しても熱さをほとんど感じません。しかし体の中に温熱はしっかりと届いているため、いつまでも温かさが続き、血行の改善に期待がもてます。

お知らせ

3月末に最新の立体動態波医療機器を導入します。まだ発表前の器械なので詳細は言えませんが多彩な機能があります。立体動態波は橋本接骨院で日々活躍していますが、最新のものが追加されて2台で施術していきます。保険外の施術となりますが、今まで以上に痛みの治療に特化した施術が可能となり、ランニングやマラソンでのケガや故障に広く対応できることになります!

 

橋本接骨院の施術の中心は手技による整彊術です。人の手で行う手技が施術の基本という橋本接骨院の理念はいつも変わりません。そのうえで、患者様の症状をとっていくサポートとして様々な最新の医療機器を導入しています。器械だけ当てて終わりの施術はいたしません!

 

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診