いつまでも走れる身体へ

HOME | いつまでも走れる身体へ

健康のためのランニング・マラソン

ランニングの「痛み」は橋本接骨院へ

健康のためにランニングを続けるという方は多いですよね。
いざ走ってみたら楽しかった、走ることを続けていると走れる距離も伸びた、ペースを上げても平気になってきた。
真面目に走っていると走りの成長が実感できます。
健康維持のためのランニング、しかし走ることは身体に想像以上のダメージを与えます。
好調だからと言って実力以上の走りを続けると突然の「痛み」に襲われ練習を中断することになりかねません。
しっかりとケアと予防をしていないと故障の原因になりますし、リタイアや結果が残せないことになります。

夜の姫路城

 
ランニングは繰り返し体に衝撃を与え、ランナーの身体に与えるダメージはとても大きなものです。
橋本接骨院ではランナーの「痛み」と解決するために、走ることによって傷めた筋肉や関節の治療をいたします。

 

ランナーの皆さまへ

神鍋の朝日

いつまでも走り続けられる身体のために

ランナー、そして走ることが趣味のみなさまへ
院長の橋本です。
私はジョギング・ウォーキングなど走ったり歩いたりすることが大好きです。
ランニングには身体に良い面が多くあります。
爽快感・充実感
規則正しい生活習慣
自分で体調をコントロールできること。
しかし・・・

 

走ること(ランニング・ジョギング)は身体に多くの負担をかけます。

ただし、無理しない程度の適度の運動なら良いのです。
そもそも走ることは身体に想像以上の負担をかけます。
心臓・呼吸器は悲鳴をあげ、関節や筋肉は体重の何倍もの衝撃を受け続けます。
身体の健康だけを考えるなら適度のウォーキングや散歩が最適です。

 

六甲山縦走

男山朝日

ランニングはリスクがあることを自覚したうえで走りましょう

私自身、ジョギングでランナーが経験するであろうほとんどの「痛み」を経験してきました。
「ランナー膝(腸脛靭帯炎)」「鵞足炎」「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」「アキレス腱炎」「腓骨筋炎」「椎間板ヘルニア」等など・・・私が経験してきた痛みです。
いったん痛めてしまうと走ることはおろか日常生活にも大きく影響します。
つらいランナーの「痛み」は人一倍わかります。
しかしその「痛み」があったとしても走ることは楽しく、充実したものがあります。
ランナーの皆さん、ランニングが身体に与える負担を正しく知り、メンテナンスを欠かさず走ってください。
いつまでも走り続けたい・・・
だからこそ早期の治療、慢性化させないための施術が大切です。

姫路市の橋本接骨院はランナーの「痛み」を治す本気の施術に全力を注ぎます!


 

「痛み」をなんとかしたいランナーにオススメ

立体スティック

 
3D立体動態波
 

ハイボルテージ

 
ハイボルテージ
 

姿勢分析

 
姿勢分析
 

橋本接骨院のブログ HONEORI