ストレッチ クールダウン(整理体操)

こんにちは山下です。

もうすぐ、マラソン大会ですね。ランナーの皆さん運動後のクールダウンやってますか?

一流のアスリートは必ず運動前後にウォーミングアップとクールダウンは怠りません。

何故かというとランニングや筋トレなどの運動後何もせずにいると疲れが残りやすいからです。

疲れて筋肉が硬くなると傷めるリスクが高くなります。

体力の限界を超えて無理をしたときは筋肉が硬くなりけいれんを起こすようになります。

長期的に慢性的な痛みの原因になる可能性もあり放っておくのは良くないですよね。

これはスポーツをする人は皆共通でやるべきことです。

それとクールダウンには運動あとに高くなっている肉体的、心身的な緊張を和らげる効果があります。

体をクールダウンしてリセットし次の日に疲れを残さないようにすることが大事です。

めんどくさがらずにパフォーマンスアップやけが予防のためにクールダウンやっていきましょう。

ここでクールダウンに効果的なストレッチを紹介します。

①腰伸ばし

クールダウン1

腰を丸くしてゆっくり呼吸をし、力を抜きます。

②腰ひねり

クールダウン2

膝と股関節を90度に曲げて腰を横にひねる。

③つま先のばし

クールダウン3

正座をして後ろへゴロンと寝転がる。

④殿筋伸ばし

クールダウン4

殿筋を意識しながら膝を胸に当てるように動かす。

⑤長座体前屈

クールダウン5

腰をゆっくり曲げていき手で足を触る。

運動後2分だけでも効果的なので必ず行うようにしてください。

マラソンランナーの皆さんの痛みのない完走を応援しています。

2016年2月4日