ぎっくり腰のツボ4 関元兪(かんげんゆ)

神戸マラソン、大阪マラソン、W落選悔しいです( ;∀;)

マラソンの抽選には当たる気がしません。

神戸マラソンに至っては初回から毎年申し込み、今回も外れました。

7回連続して外れると神戸マラソンとは縁がないような気がします。

そこで、先着順のマラソンに狙いを定めました!

奈良マラソンです!

昨夜8時になるのを待ち、奈良マラソンにアクセス!

奈良マラソン、先着順といってもネットにアクセスするのも競争が激しいですね。

待つこと25分、ギリギリでエントリーできました。

奈良マラソンは坂道もあって、苦しいコースらしいけれど今から対策していきます!

目標があると練習にも力が入りますね(^_-)-☆

さて、今回はぎっくり腰のツボは・・・

腰を曲げると痛かったり、反った時に痛みが出る時に効果的なツボ、関元兪です。

関元兪(かんげんゆ)

ぎっくり腰に悩む方のほとんどが腰部や股関節周囲の筋肉の柔軟性低下によって、脊柱自体に負担をかけやすい姿勢をとっています。そのため、腰骨の一番下の第5腰椎と仙骨の境目の部分、つまり関元兪のツボ周辺に負担が大きく、この部でぎっくり腰を起こしやすいです。

腰を捻じったり、回したりする動きは第4腰椎に負担をかけます。

そして関元兪のツボの位置である第5腰椎はかがんだり、腰を反らしたり、前へ後ろへといった動きの中心になります。

日常生活のちょっとしたこと(かがむ、腰を伸ばす)でぎっくり腰を起こした場合は大抵、この第5腰椎に負担がかかって傷めています。

症状予防・緩和の第一歩は、固くなってしまった関元兪のツボ近辺の循環を改善し、柔軟性を取り戻すことです。

関元兪は腰陽関のツボから指2本分外側、そして指3本分程度下に存在しています。

まずは腰陽関のツボを探しましょう。

腰の両横に手をそえてみましょう。

骨盤の骨が確認できますか?

この骨盤の上の端、一番高くなっているところを左右結んだ線と、背骨のラインの交点にあります。

背骨の真ん中と、左右の骨盤の上の際です。ここを結んだ部分で椎骨と椎骨の間のくぼみが腰陽関のツボになります。

腰陽関のツボから指2本分外側、

さらに下へ指3本分のところに関元兪のツボはあります。

関元兪のツボへ指圧

両手の親指を当てて、ググッと腰をゆっくり反らしながら指圧しましょう。

うつ伏せでも痛くなければ、家の方に両手でゆっくりと指圧してもらいましょう。

なぜ関元兪のツボが大切なのか?

関元兪のツボは脊柱を立てる時に使われる筋肉である多裂筋に存在しています。

運動不足などでお腹の圧力を高める力が低下するとこの筋肉が過剰に働いてしまい、柔軟性が低下していることがあります。

またおしりや股関節にある筋肉も柔軟性が低下していることがあります。

関元兪のツボ近くにある第5腰椎の関節(腰仙関節)が硬くなると、足や背中にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、注意したい所です。

関元兪は指圧のあと、軽くマッサージなどで、なでつけることで腰の血行が促進されます。
下痢や大腸の働きにも効果的ですよ!

ぎっくり腰になった時、痛みが引きにくいときは来院してくださいね!

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

ぎっくり腰のツボ3 腰陽関(こしようかん)

大阪マラソン、神戸マラソンの抽選通知がありましたね。

当たった人、落ちた人、悲喜こもごもですね。

・・・私はWで落ちました( ;∀;)

気持ちを切り替えて次に期待ですね!

当たった方、私の分も頑張って下さいね~!

スポーツとぎっくり腰

ぎっくり腰は重たいものを持ち上げた、足元のものを拾おうとかがんだ、日常生活にのふとした時に起こることが多いですね。

そして、運動不足の人ほどぎっくり腰が起きやすいというイメージがあると思います。

しかし、マラソン中や走っているとき、球技などのスポーツ中などにぎっくり腰を起こすことも多くあります。

それは、疲労が蓄積しやすく他の怪我も抱えている上に、腰への過度な負担がかかりやすいアスリートほどぎっくり腰になりやすいです。

腰を急激に捻るような動作、ダッシュなど瞬間的に腰に力を入れる、こいいった動きをスポーツ中にすれば、ぎっくり腰が起こる条件は十分に整います。

スポーツでぎっくり腰になった時はこのツボが効果的です!

腰陽関(こしようかん)

腰陽関というツボは、腰に5つある椎骨の4番目と5番目の間にあります。

この場所は疲労が蓄積しやすく、体を動かす中心となるところです。

左右に体を捻じる動きに特に関係し、球技などのスポーツでは知らず知らず負担がかかっています。

腰陽関の場所

腰の両横に手をそえてみましょう。

骨盤の骨が確認できますか?

この骨盤の上の端、一番高くなっているところを左右結んだ線と、背骨のラインの交点にあります。

背骨の真ん中と、左右の骨盤の上の際です。ここを結んだ部分で椎骨と椎骨の間のくぼみが腰陽関のツボになります。

腰陽関の指圧

腰陽関の位置は最もぎっくり腰をおこしやすい位置です。

痛みがきついときは無理にうつ伏せにならずに立ったままで指圧してみましょう。

手の親指を重ねて腰陽関の位置に当てます。

腰骨と腰骨の間のくぼみを両手の親指で指圧します。

痛くない強さで、少し腰を反らせるように指圧します。

指圧もいいのですが、お灸を使うとさらに効果的ですよ!

ただし、お灸は急性期(2~3日)を過ぎてからにしてくださいね!

ご自宅で試される時も、市販のお灸で構いません。

 

この腰陽関のツボのあるところ(腰椎4番と5番の間)はスポーツでのぎっくり腰で痛めやすいところです。

急性期、痛みの激しいときはアイシングをして下さい。

痛みのきついときはうつ伏せや仰向けの姿勢がとりにくくなります。寝る時は横向きで腰を丸くしてください。

指圧もうつ伏せで押さえてもらうと力が強く入りすぎやすいので慎重に軽い力でとどめてください。

 

腰陽関のツボは腰痛の他にも便秘や月経痛を和らげる効果が期待できます。

お悩みの方は指圧やお灸を試してくださいね!

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

ぎっくり腰のツボ2 三焦兪(さんしょうゆ)

みかた残酷マラソンに参加されたランナーの皆さん、お疲れ様でした。

高低差の激しい残酷なコース、きつかったでしょう。

でも、完走された方たちは「楽しかった!」と言ってますね・・・

ホントのところはどうなのか、来年は挑戦してみたいです。

過酷なレースの後、ぎっくり腰になるランナーは多いです。

気を付けてくださいね!

今回のぎっくり腰のツボは

三焦兪

腰には5つの椎骨が並んで腰椎を形成しています。

走っているとき、地面からの衝撃はこの腰椎の4番目、5番目の椎骨に衝撃がかかります。

腰椎の4番目の椎骨は腰の左右に動かす役目をします。

腰椎の5番目の椎骨は腰を前後に動かす役目をします。

実際、マラソンなど走ることに関係してくるのは腰椎4番、5番です。

ところがこの三焦兪というツボは腰椎1番の横にあります。

走ったり、運動したりした時に疲弊するのは腰椎4番、5番で、痛みもここに出ることが多いです。

腰椎1番は腰痛やぎっくり腰とは無関係と思われがちですが、実は大きく関係します。

腰椎1番(三焦兪)とぎっくり腰

中腰で荷物を持ち上げる、洗顔の時に体を前かがみにする、これらはぎっくり腰を起こしやすい動きです。

この動きで腰椎の4番、5番の椎骨に圧力が集中してぎっくり腰を起こします。

しかし、中腰になる、かがむ動きをするときに最初に腰に圧力がかかるのは腰椎1番です。

中腰になったとたんに、かがんで力を入れようとしたとき、あっ!やばい!と感じることはよくあります。

これは腰に圧力がかかった時にまず最初に腰椎の一番上の骨である第1腰椎で圧力を感じます。

つまり、腰椎1番(三焦兪)は腰のセンサーの役目をします

この腰椎1番の両横にある三焦兪というツボが硬くなると腰のセンサーとして機能しなくなり、

重たいものを持ち上げたとき、体を捻じった時に腰の下部に圧力が集中してぎっくり腰を起こすのです。

フルマラソンを走った後、過酷なレースの後は腰の下部に疲労がたまっています。

そして三焦兪のツボは背中の筋肉とも関係が深く、走った後は硬くなり、センサーが機能しにくいです。

マラソンの後はぎっくり腰になりやすい

マラソンや過酷なレースの後は三焦兪のツボをほぐすことでぎっくり腰を予防することができます。

三焦兪の位置

まず腎兪のツボの位置を基準にします。

腎兪のツボについてはこちらから↓

ぎっくり腰のツボ1 腎兪

腎兪のツボのとり方

両手をへその高さで腰に手を当てる。

このとき親指が当たっているところが腎兪のツボです。

より正確にツボに当てたいときは・・・

左右の親指を結んだ線と背骨の骨が交差するところが第2腰椎の位置になります。

この第2腰椎から指2本分外側の所が正確な腎兪のツボです。

三焦兪のツボのとり方

三焦兪のツボは腎兪のツボの上方、第一腰椎の高さにあります。

手のひらを立てて腰の下に当て、滑らせるように上方向になぞる。

軽くなぞっていくと手が止まるところがある。

ここが第2腰椎です。

第2腰椎から指2本分上の位置に第一腰椎があります。

第一腰椎から横に指2本分横に三焦兪のツボがあります。

三焦兪の押さえ方

立った姿勢でおへその位置に両手で挟み込むように手を当てます。

自然と手が当たる位置が腎兪のツボです。

そこから指2本分上にあるのが三焦兪のツボです。

この腎兪のツボと三焦兪のツボを交互に押さえます。

ググッと押さえながら腰を軽く反らす。

ゆっくりと、ぎゅうっ~と強く押さえる。

3秒間強く押さえ、ゆっくりと力を抜いて放していく。

これを5回繰り返す。

力を入れにくいときは握りこぶしで押さえても構いません。

腎兪と三焦兪交互に指圧してくださいね!

マラソンの後のメンテナンス、ぎっくり腰になった時、なりそうなときはこの2つのツボを押さえてくださいね!

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

整彊術 梅雨時の不調

本格的な梅雨時になってきましたね。

この夏に向かって陽気が「暖かい」から「暑い」に変化するとともに、身体は汗をかきやすく変わっていきます。

汗をかくということは熱を上手く発散させるということです。

冷房などで熱の発散を止め、身体に熱がこもると夏バテを起こしやすくなります。

この熱の発散や汗のコントロールがうまくいかないと泌尿器系にも大きく影響してきます。

夏バテしないためには脚のふくらはぎの内側のツボを押さえてみましょう。

特に左側のふくらはぎのツボを刺激しましょう。

復溜(ふくりゅう)

「復」・・・繰り返す・重ねる・かえる

「溜」・・・とどまる・たまる・たたえる

つまりこの復溜というツボは水分代謝を活発にさせるツボです。腎臓の機能を高め、余計な水分を出したり、汗のコントロールだけでなく手足のむくみに効果があります。

復溜(ふくりゅう)ツボの位置

内側のくるぶしの骨とアキレス腱の間のくぼみから指幅3本分上にあるツボです。

復溜(ふくりゅう)ツボ

足首をつかむように手を添えて、親指の腹でぐっと押さえます。

ぐっと押さえたら5秒間押さえ続け、3秒かけてゆっくりと指を離します。

左足のツボを重点的に押さえましょう。

お灸 花粉症のツボ

花粉の季節、日本人の4人にひとりは花粉症といわれています。
つらい症状に悩まされる方も多いと思いますが、花粉症の症状はお灸ででも改善できます。
今回は自分でできる花粉症の症状緩和のためのお灸のツボを紹介しますね!

養老

養老

アンチエイジングのツボ
このツボは一般的には疲れ眼や腰痛のツボとして使われます。しかし、養老という名のとおりアンチエイジングのツボであることはあまり知られていません。つまり、免疫力を調整するツボとしての効果があります。免疫力がアップすると花粉に対して身体が反応しにくくなります。しかしツボのある場所は小さな点で、少しでもずれると効果がありません。丁寧にツボを探ってみましょう!
手首の甲側、前腕の二つに並んだ骨の外側のほうを探ります。手首の外側、ポッコリ飛び出した骨の内側、図の赤い丸の部分を触れてみましょう。慎重に探ると骨に凹みがあるのが分かります。強く指先でこの点をピンポイントで押さえるとズーンとくるところです。ここにお灸をすえましょう。

*養老穴 私が学生のころ、養老穴は図の白丸の部分で習いました。多くの文献では白丸のところになっています。この白丸の養老穴は外側の骨の末端で比較的はっきりとした凹みにあり、薬指の延長線上にツボの位置をとります。厳密にツボの位置を探求すると同じツボでも諸説あったり、文献によってまちまちな場合や、臨床で使うツボとは少し場所が違うことが多々ありますね。私の経験上からは免疫力の調整としては赤丸の養老穴に効果が出やすいのですが、赤丸の位置と白丸の位置を触り比べ、押したときの反応が出やすい方を使うのが良いかと思います。

尺沢

尺沢

水分の流れを整えるツボ
尺沢、このツボは上半身の水分の流れを整えるツボです。特に鼻水や悪寒、風邪の症状にもよく効果があるツボです。少し敏感なツボで、強く押さえるとズキンって響きます。軽く押さえるとかすかに脈をうっているのを感じられます。
手のひらを正面に向けて肘を曲げると肘の正面にシワができますね!このシワの外側の端から親指1本分内側に入ったところにある凹みの中央にあります。また、肘の中央に大きな筋肉の筋があり、この外側です。この図の赤い丸のところにツボがあります。

お灸のすえ方
お灸はせんねん灸等市販の台座灸でかまいません。正確にツボを押さえながら探してからお灸をすえてみましょう。一つすえてみて熱さを感じにくかったら繰り返し2〜3個、もしくは熱く感じるまですえましょう。花粉症の症状がひどい人ほど感じにくいケースが多いですね。
1日1回、毎日してみましょう。根気よく続けることが大切です。
私は15年間ひどい花粉症に悩まされていましたが、数年前から花粉の飛散する1ヶ月前から毎日、花粉の時期が終わるまですえています。おかげでこの3年、ひどい症状の日は数えるぐらいの程度になりましたよ!症状のきつい日はこのツボ以外に首や肩にもお灸をしたり、顔に鍼を自分でうっています! ツボの位置やお灸の方法等分かりにくかったら気軽にお尋ねくださいね!

正確なツボ

根気よく続ける

マラソン 足の疲れをとるツボ

ジョギングイラスト

院長の橋本です。姫路城マラソンまで3日をきりましたね。今更じたばたしたところで何も変わりません。レース直前はごく軽いジョギング程度の練習にとどめて、これまでの蓄積された疲労をとることが大切です。

今回は自分でできる足の疲労回復の指圧法をお教えします。お風呂上りやジョギング後にためしてくださいね。

足三里

疲労回復の指圧法

昔から足の疲れをとる代表的なツボです。

足三里

膝の外側、お皿の縁から指4本分下、むこうずねの外側の筋肉のところです。

足三里を押す

両手の親指を重ねて脚をつかむように押します。

へたくそな絵

へたくそな絵ですが、気にしないでください(#^.^#)

指圧のコツは押さえる方向です。

脚は円筒状の形になりますが、必ず中心に向けて押さえましょう。

脚は円筒状の形

ぐぐぐっと押さえこんだら、筋肉にめりこませたまま指の押さえる方向を骨のほうに変えます。

スネの絵

筋肉をむこうずねの骨に寄せる感じに押さえます。

ツボにあたればズーンと心地よい痛みを感じます。

感じにくい場合は場所がずれているか、押さえる方向がずれているので、その周辺でツボに当たる場所を探してみましょう。

ぐいっぐいっと強く4~5回押さえてみましょう。

太衝

太衝のツボ

体の「気」の流れを整えるツボです。自律神経を調整し、イライラや不眠を解消して不要な緊張をのぞいてレースに挑めます。

足の甲にある親指と人差し指の骨の間にあります。

「気」の流れを整えるツボ

骨の間を足首の方になぞっていくと2本の骨がくっつく場所がわかります。この2本の骨と骨を広げるように重ねた親指を入れます

足の甲は横に平べったい形

足の甲は横に平べったい形なのでそのまま真下に押さえましょう。

軽く押し込んでから足首の方向に押さえる方向を変えます。

足首の方向に押さえる

強く押さえると痛いので心地よい強さで足首の方向に引き寄せるように押さえます。

じんわり3秒押さえ続け、指を緩め、また3秒押さえる。これを3回続けます。

押さえた後はしばらく足がジーンとした感じが残ります。

陽輔

陽輔

足の痛みや坐骨神経痛、腰痛に効果のあるツボですよ!

足の外くるぶしから指5本分上に上がったところです。この辺りを指で押さえながら探ると心地よい痛みを感じるところがあり、そこを指圧します。

足の外くるぶしから指5本分

丁寧に心地よい痛みの場所を探してみましょう。

真っすぐ中心に向かって押さえる

このツボは真っすぐ中心に向かって押さえます。皮膚の面にたいして垂直に押さえることを意識してください。

強く3秒押さえたら手を緩め、また3秒押さえる。これを4~5回繰り返します。

復溜

復溜

このツボは足の疲れ、特に動かせないぐらい疲労した時に効果的なツボです。レース中に足がつらくなりすぎたらここを押さえましょう。体全体の疲れにも効果的なので覚えて置いたら役に立つことが多いですよ!

足の内くるぶしから指3本上

足の内くるぶしから指3本上にあります。骨の縁から後ろにさがったところ、アキレス腱の際のところにあります。

押さえると重たく響くところです。疲れている足は軽く触っただけで響くので分かりやすいですよ!

指の腹でじんわり優しく押さえる

ぐりぐり押さえると周囲の腱や筋を痛めるので指の腹でじんわり優しく押さえましょう。

響くところまで押しこんだら指を緩めず止めます。3秒間押し続け、さらにもっと押し込みます。また3秒間緩めず押し続け、これを3回繰り返します。

 

いかがでしたでしょうか?

姫路城マラソンにむけて脚の疲れをしっかりとほぐして実力を出し切れるコンディションを作りましょう。今回のツボはレース後の疲れをとるのにも効果的ですよ!

当日、100パーセント以上の力を出し切れるよう脚のメンテナンスをしっかりしておきましょう!

姫路市の橋本接骨院はランナーのケガ、コンディション調整などの施術をおこなっています。お気軽にご相談ください。