後十字靭帯損傷のリハビリ2

大腿四頭筋トレーニング①

大腿四頭筋トレーニング1大腿四頭筋トレーニング2

足を投げ出して床に座り、膝の下にボールを入れる。

膝でボールを床に押しつぶすように力を入れる。このとき踵が床から動かないように注意する。

踵が床から動かないようにボールトレーニング

この大腿四頭筋のトレーニングは受傷後1~2週間後、腫れが減少し始めたら開始する。

慣れるまでは膝の動揺を減らすためパートナーに足首を床から浮かないように押さえてもらい、四頭筋の収縮を確認してもらいながら行う。

20回を1セットで行う。

大腿四頭筋のトレーニング②

セラバンドトレーニング1

ベッドの端に腰かけ、膝の下に空気を減らしたボールを入れる。足首にセラバンドを巻き付ける。

セラバンドトレーニング2(曲げる)セラバンドトレーニング3(伸ばす)

セラバンドの端をベッドの脚に固定し、太ももが動かないようにパートナーに押さえてもらう。太ももを意識しながらゆっくりと膝を伸ばし上げた後、ゆっくりと下す。

この動きを20回1セットで行う。

大腿四頭筋・背筋のトレーニング

バランスボールでブリッチ1 バランスボールでブリッチ2

バランスボールにふくらはぎを乗せて、お尻を上げながらブリッジ動作を行います。

20回1セットで行います。

バランスボール補助付き1 バランスボール補助付き2

急性期の間は膝が動揺して脛骨の後方移動を抑制するために足首をボールに密着させるように補助をしてください。

 

最後に

後十字靭帯の損傷では早期のリハビリが大切です。

極力膝の動揺を抑えた運動を行うと、スポーツの現場に復帰するときに以前と同じだけのパフォーマンスを発揮できます。

橋本接骨院では後十字靭帯損傷の運動療法やトレーニング指導をしています。また、立体動態波やハイボルテージ療法などケガからの早期復帰、筋肉トレーニングに適した施術をいたします。

スポーツのケガでお困りの方はぜひ橋本接骨院にお気軽にご相談下さい。

姫路市小性町35-1船場西ビル1階

 橋本接骨院

  079-298-2541

受付時間

午前8:30~12:00 午後15:00~20:00

土曜 8:30~14:00

日曜祝日休診

後十字靭帯損傷のリハビリ1

後十字靭帯

後十字靭帯のリハビリ

膝の後十字靭帯はスポーツや走っていて転倒した時に、すねをぶつけて靭帯損傷を起こす場合が多い怪我です。

完全断裂以外の損傷では急性期を過ぎると膝の痛みや腫れがおさまりますが、激しく動かすと膝がカクンと力が抜けたり、ジャンプの着地の不安定感が残ります。

後十字靭帯損傷では早期のリハビリが大切になります。膝の動揺が強ければ支柱つきのサポーターを着用してリハビリをしていきます。可動域の回復、筋力強化などを受傷後1〜3週後には開始していきます。

ここで紹介する運動は受傷後1〜2ヶ月での復帰メニューです。

受傷後の日数や損傷の程度や腫れ具合などで運動メニューは違ってきますが、基本的には以下の運動を行います。詳しくは専門医や当院でご相談ください。

ストレッチ

大腿四頭筋のストレッチ

大腿四頭筋のストレッチ

壁の前で手をついて立ち、膝の裏に丸めたバスタオルを入れ、足首をつかむ。太ももの前側、つまり大腿四頭筋を意識しながら足首を引き上げる。痛くない程度で20秒間ストレッチを行う。

膝の裏のタオルが支点になることで、脛骨の動揺を抑えるのと膝の過度の屈曲を制限します。

スクワット

スクワット1スクワット2

膝の可動域が回復した時期、受傷後4〜6週間過ぎた頃から始めます。

ボールを背中に当てて壁の前に立ちます。足を肩幅に広げ、ボールを落とさないように真っ直ぐ腰を落とし、膝を曲げていきます。90度間で曲げたら今度は伸ばしていきます。

ゆっくりと20回を目安に行いましょう。

筋力に応じて回数やセット数を増やして下さい。